近年では、個人の収益が一会社並みに、稼げる時にもなってきた。これからの時代は、会社から会社に仕事がまわっていたが、これからは、個人と個人で仕事の依頼を請け負う形が、増えていくことが、考えられる。

そうするとより、個人の信頼が、ものすごい大切になるのは、言うまでもない。

これからの時代、個人の世間からの評価・信頼がものすごい大切だということになる。それは、時間をかけて構築していくしか、他に方法はない。そんな時代で、起業を目指すときに知っておくべき知識がある。

会社を経営する際

①「経理」なんて、利益にならない

②「会計・税金」のことはプロにお任せ

③利益さえ出せていれば、なんの問題もない

①-③は、すべて間違い

経理は、「経営管理」の策略であり、「会社」の守りを支えるもの、それぐらい大切なものである。

攻め

・営業

・ビジネスモデルの構築

守り

・お金

・会計

・税金

攻めと守りをこう定義した場合、攻めだけでは、会社は続かないので、「守り」をしっかり固めることが大切である。会社を経営している先輩に教わった。

私もよくいってることが、わからなかったので、簿記やFPを勉強することにした。生きていく上で、大切な情報が多いので面白いと思う。

現在、FPしか取得出来ていないので、簿記の勉強ももう少し進めていきたい。

Tags:

Categories:

No responses yet

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です