最近、エリート投資家に共通する4つのことについて学んだ。

①絶対、損をしない

②小さなリスクで大きな利益をあげる

③予測し、分散させる

④学びに終わりはない

これさえできれば、だれでもそれなりの結果を残せると思う。まず一つ目。

①絶対、損をしない

マネーの巨匠たちは、巨額の利益を追い求めるが、それ以上に重視しているのが、「どうすれば損をしないか」。自分は初めてこの意見を聞いた時、少し意外だった。たくさんもっているだから、どんどん使うんだろうなって思ってた。そもそも、それが、お金持ちになれない原因なんだろうな、と反省した。お金持ちほど、お金を使い方をよく考えている。それを払うだけの価値があるのか→つまり損をしないかをよく考えている。最近、この知識を友人や知り合いに話すとき、あるたとえをすると、共感をえられた。

水をすくう器に例えるのだ。どんなに、水がたくさんあっても、それをすくう容器が大きくても、穴が多かったり、穴の数が多いと水をすくえないでしょって。

だから、人として、お金をいれる器は大きく漏れない人が、お金持ちになれるだと思う。どうすればいいのかと言われれば、正しい情報収集であったり、税金に対する知識であったり、お金を払う対価であったりすると思う。それがないから、宝くじ当選者って悲惨な人生になっちゃんだろうなと思う。

そんな体験をしていると、最近YouTubeで税金の動画を見た。今年は挑戦してみようと思う。

②小さなリスクで大きな利益をあげる

ほとんどの投資家は、大きな利益をあげることを考える。だから、破産する投資家があとをたたないらしい。エリート投資家は、小さなリスクで、より大きな利益を得られることを、考えている。大儲けではなく、より各自な勝率を求めている。お金を多く所持していると、気も大きくなりがちだが、自身を律して、制御し、より確実性を追い求める。それができる人が生き残る。分かっているけど、実践するのが、すごく難しい。結局は、自身を制御できる能力が必要ということ。

人の儲けばなしや、本の勧められた商品をよく吟味せず、購入している人が結果を継続して出し続けるのは難しいんだろうな。

③予測し、分散させる

大切なことは、納得できるまで、徹底的に調べ上げ、幅広く資産を分散配分し、リスクに備えることだ。これには、少し意見がある。

たくさん資産がある人は、分散投資ありだと思う。元々少ない資産しかない人は、ある程度リスクも取らないと、増やしていけない。

ここに関しては、置かれている環境や持っているスキルで各々対策が違うので自分にあった方法を模索していく必要があると思っている。

④学びに終わりはない

時代がかわればトレンドもかわる。よって、常に勝ち続けるには、知識のインプットとアップデートがなければ、いけない。すぐに追われる立場になってしまう。

自分の人生。いかに楽しむか。頭を使っていきたい。

Tags:

Categories:

No responses yet

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です