お金の本質について、考えたことはあるだろうか?

なぜ、お金が欲しいのか?

紙幣や硬貨が、あってもお腹いっぱいにはならないように。

電子マネーような、数字がふえてもなんの価値もないように。

まず、お金とは、人間に強い感情を呼び起こす。こんなイメージを持つ人が自分の周りにはよくいる。

お金持ち=人生の勝ち組

貧乏=人生の敗者

しかし、お金持ちが必ずしも、幸せかと言われれば、そうでもないように思う。どこで得た情報か、忘れてしまったが、年収1000万円までは、幸福度は上昇するが、それ以上は、幸福度が横ばいらしい、むしろ下がる人もいるようなのだ。背景として、年収1000万円以上になるとそれなりの責任が伴う。休日返上で働いていたりするから、自分の趣味等、息抜きする時間が得られにくくなり幸福度が上がらないそうだ。そうすると、低収入でも、自分のやりたいことをやってる人のほうが、よっぽど幸せということだ。

高所得でも、低所得でも結局は、個人の考え方で、どっちにも転ぶ。それを踏まえて、なぜお金がほしいのか、よく考える必要がある。お金は、結局やりたいことをやるための道具という認識を忘れてはいけないと思う。

つまり、道具、、、お金自体が欲しいというより、社会的に信頼できるツール・力・繋がりが、大切で欲しい。まぁ、お金が多くあるほうが、選択肢が多いのも確かだけど、それに気づいた人は、自身のお金を大切にするより、別のものを大切にしている。

たとえば、SNSのフォロワー数だ。だから、みんなフォロワー数を増やすために、力を注ぐし、それを増やすためには、全力を注ぐ。

そうすると、これからの時代は、お金より大切になるものがあるとしたら、お金以上の個人の信頼だと思う。まぁ、お金も便利だから多いにこしたことはない。

これからは、それぞれを増やせるよう、行動していくことに価値があるだと思う。

Tags:

Categories:

No responses yet

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です